家族葬用の斎場をもっていればなおよい


できれば、自社斎場をもっ葬祭業者であれば、施行がよりスムーズです。
最近では、家族葬向けの、少人数でゆったりとお別れができるスペースのある斎場や、一軒家、あるいはマンション風のスペースを2日間貸し切りにできる斎場などもあります。
ただし、斎場をもっていない葬祭業者もあります。
そのため、自宅以外で行う場合は、お寺、火葬場併設の斎場、私営の斎場、自治体の施設などを借りて行うことになります。

新着記事

きい、21歳の目標は「冠婚葬祭マナーと恐山」 – テレビ朝日
テレビ朝日きい、21歳の目標は「冠婚葬祭マナーと恐山」テレビ朝日挑戦したい目標を聞かれると「冠婚葬祭のマナーをもっと身につけたい」と珍回答。「“どのくらいのランクの人には Read more »
大学生のボランティア活動を活性化させるには?
被災地復興には、国の総力を挙げた支援が欠かせず、必要となるボランティアの数は膨大です。昨今、日本では大学生などの若者を中心に社会貢献を重視する姿勢が高まっています。日本... Read more »
仮設住宅と社宅で支援に格差、改善するには
同じように津波で自宅を失った被災者でも、社宅に住む人と仮設住宅に住む人で支援の落差があると河北新報が報じています。岩手県大船渡市の自宅を津波で流され、夫の会社の社宅に移... Read more »

Comments are closed.